上杉は織田との同盟を破る


センゴク天正記(7) (ヤングマガジンコミックス)


上杉は織田との同盟を破り本願寺と手を結び「越賀一和」が成立し、織田は再び包囲されます。これを突破すべく、信長は本願寺の武の要、戦国最強の鉄砲衆である雑賀の攻略をはじめる事となります。
この巻では、織田信長と雑賀衆の和歌山の戦いが描かれています。
雑賀衆との戦いの準備が着々と進む中、織田信長に仕える主人公の仙石とその配下にドラマが発生します。
仙石秀久には、津田杉ノ坊妙算という鉄砲打ちの配下がいるのですが、実は津田は、雑賀衆を率いる雑賀孫市の一番弟子でした。しかし、この戦いにおいて、織田側である主君の秀久に従うのか、師である孫市の元に駆けつけるのか決断を迫られていました。津田の選択にたいする秀久の言葉が心にしみます。